ベレー帽通信 WEST

アクセスカウンタ

zoom RSS ボルゲーゼ美術館に行く (美術館で直接予約する)(2009イタリア紀行 12)

<<   作成日時 : 2009/09/06 15:00   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0



今回の旅行のお目当ての1つは、ボルゲーゼ美術館である。
多くのガイドブックには、事前予約が必要などと、たいそうに書いてある。
しかし、今回は家族旅行だし、
ボルゲーゼ公園をぶらぶらするだけでもいいと思い
予約なしで、直接行ってみることにする。

画像


地下鉄フラミニオ駅を下車すると、
そこがボルゲーゼ公園の入口になっている。
ボルゲーゼ家は、シエナ出身の貴族で、
16Cにローマ枢機卿となってから隆盛を極める。
その別荘がボルゲーゼ公園となっている。


地図を見ると、とてつもなく広い。
画像


目的地のボルゲーゼ美術館まで1km以上はある。


アプローチの坂道
画像



やっと着いたかと思ったが、これは国立近代美術館。
画像


中には路面電車まで横断している。なんと言う広さ。
画像


犬の放し飼い公園。愛犬家がたくさん犬を連れてきている。
画像


いいかんじの公園だなあ。
画像




やっとボルゲーゼ美術館に到着。
駅から寄り道しながら1時間ほどかかってしまった。

画像


さて、建物中央の列が当日予約の列と見た。
並んで、すぐ前の人に「これは予約の列なの」と英語で尋ねてみる。

アメリカのソルトレイクから来たという3人グループで
そのうちの女性が、
”I hope so.”(そうであればいいのだけれど)と頼りない返事。
でも笑いながら言っているのでので、多分だいじょうぶ。

長身の男は、大阪へビジネスで来たことがあるらしくて、
「たこやき」(octopus-ball)はおいしいとか、
「吉本」は行ったことはあるのかとか、
しょうもないことを言って笑っているうちに
待ち時間が過ぎた。



予約場所(入場券売場)は、
建物中央の小さな入口から入った1階(実は半地下)にあり、
荷物預けの場所とミュージアムショップと出口のフロアの一角にある。

30分おきに入場を予約している。
13時があいていたので予約を入れる。

今回の私のケースで言うと
10時すぎに行列に並び始めて、予約切符の刻印は10時42分だから
10時ごろまでに予約の列に並べば
午後の部の入場は取れるようだ。

予約の列は、かのウッフィツィ美術館の行列に比べれば
比べものにならない。
ソルトレイクの彼らは遅い16時で予約を入れていたので、
ここでお別れした。


これが予約入場券、これは4枚分
1枚ごとに、収蔵作品の絵柄が載っている。
ローマパスの2回無料分で支払いした。
直接行くと、ローマパスの無料分が使えるのでありがたい。



画像


すべての入場者が事前予約ではないわけで、
時間に余裕のある個人旅行の方は、ローマパスを買って
午前の早めに直接窓口で予約をするのが、
安くついて一番賢いと思う。



さてさて、入場まで1時間半ほどあるので、
昼食にポポロ広場まで行くことにする。

公園の一角。
メリーゴーランドに風船売り。
日本のテーマパークなんかと違って
ほのぼのとしていていいなあ。
画像



ピンチョの丘からポポロ広場とバチカン方面を一望する。
画像


バルでハムサンドを食べる。
画像



12時45分にボルゲーゼ美術館に戻る。
入場券に書いてあるように2階が入口だが、
その前に、すべて荷物を
先ほどの1階で預けなければならない。
館内はカメラ禁止である。



画像



見学制限時間は2時間だが、
2時間あればゆっくり見ても十分に時間があるから
あせる必要はない。


(感想メモ)

「ベルニーニ」の数々の彫刻がすばらしい。

「アポロとダフネ」
 アポロのちょっかいにダフネが嫌がって変身する?姿がいい。
 (入場券の右下)

「プロセルピーナの略奪」
 これも嫌がる姿がいい

絵画も秀悦な作品がそろっている。

「一角獣を持つ女」 ラッファエロ
 構図がモナリザに似ている 秀悦 ハガキを買う

「聖愛と俗愛」 ティツィアーノ
 裸の女が聖愛だと。聖愛の女のほうが表情が明るい
 (入場券の左下の絵)

「魚に説教する聖アントニオ」ヴェロネーゼ
 魚に説教してもナアと笑いを誘う。

「病めるバッカス」カラヴァッジオ

「果物かごを持つ少年」カラヴァッジオ
中年のおばさんみたいな髪型
 (入場券の右上の絵)



すばらしいコレクションだった。
来てよかった。
正面には、いかにもローマな「水のみ場」があって、
見終わった人々が水を飲んでいた。

画像













ベルニーニ―バロック美術の巨星 (歴史文化セレクション)
吉川弘文館
石鍋 真澄


Amazonアソシエイト by ベルニーニ―バロック美術の巨星 (歴史文化セレクション) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Bernini
Phaidon Press
Rudolph Wittkower

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Bernini の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Bernini: Genius of the Baroque
Thames & Hudson
Charles Avery

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Bernini: Genius of the Baroque の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






Bernini: Art as Theatre
Yale University Press
Ms. Genevieve Warwick

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Bernini: Art as Theatre の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボルゲーゼ美術館に行く (美術館で直接予約する)(2009イタリア紀行 12)  ベレー帽通信 WEST/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる