ベレー帽通信 WEST

アクセスカウンタ

zoom RSS 県境境界線92の不思議(浅井建爾)

<<   作成日時 : 2016/04/16 14:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

地図を見ることは面白いが、行政区の境界線で不自然ないかにもわけありの場所や、飛び地といった図版に出くわすとなぜかなと思いつつ、特に調べることもなくいた。
この本はそのような疑問に答えてくれる。
別に知ったところで何の役にも立たないのだが、まあ、話のタネになるかもしれない。

2、3メモしておく

県の名前は、基本的には県庁所在地の郡の名をつけた。
しかし、例外として、神奈川、兵庫は、県庁所在地の都市名を付けた。
すなわち、開港の港となった横浜村と神戸村のもとの神奈川、兵庫という港の名前が県名となった。

山形と新潟の県境の町、鼠ヶ関は集落の中に県境がある。
これは、出羽と越後の国境でもあり、古代の関所「念珠が関」が置かれていた。
縄文時代からの関所遺跡もあり、古代からの境界の町である。いわゆる奥州三関の1つで、古代においては、中央の権力が及ぶのはここまでであった。
源義経の「勧進帳」の舞台も鼠ヶ関であるように、ここから外は異境の地であったことが伺われる。
近くの山の名が「日本国」(日本山でない)というのも意味ありげである。

画像


この本を読んで思うに

境界の確定は、地域の経済的事情によることが大であるが、時の為政者の都合により引かれることもあり、無理な境界線引きは住民の不便きたし、時により紛争や境界再設定に発展することもあるのが常である。




知らなかった! 「県境」「境界線」92の不思議
実業之日本社
浅井 建爾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 知らなかった!  「県境」「境界線」92の不思議 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
県境境界線92の不思議(浅井建爾) ベレー帽通信 WEST/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる