ベレー帽通信 WEST

アクセスカウンタ

zoom RSS 103歳になってわかったこと (篠田桃虹)

<<   作成日時 : 2016/10/29 17:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人生の機知が満載している。103歳で口頭記述であるにしても、まだこのような文章が表現できるのは素晴らしい。


一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い
幻冬舎
篠田 桃紅

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





私が長生きしているのも、自らの人生を枠に収めなかったことが幸いしているのかもしれません。

「朝日よし」朝の起き掛けに目にした事柄で事象を占う。「死者の書」折口信夫の中将姫
死者の書・身毒丸 (中公文庫)
中央公論新社
折口 信夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死者の書・身毒丸 (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




人は老いて、日常が「無」の境地に至り、やがて、ほんとうの「無」を迎える時が死である。


私より先に亡くなった人たちのことを、後世に語っておくことが私の一つの義務かもしれないと思い、また、もし彼らが生きていたらどうであろうと考えるのはその人への供養かもしれないと思っている。


「絵には作品名がないほうがいい。作品名があると、見る側がそれに左右されてしまう」 ジョン・キャナディ
頼らずに自分の目で見る


面白がる気持ちがなくなると、この世は非常につまらなくなります。


人はみな、なにかにすがっていたい、どこかによりかかるものがほしい、その一役を買うのが、何かに夢中になること。


「人の世に楽しむことに我が力 少し足らずと歎かけるかな」 与謝野晶子
生きているうちにやりたいことはなるべくしておく。体が丈夫なうちは、自分がやっておきたいことはしておく。


お金にしても、いるものだけを買っているのでは、お金は生きてきません。無駄遣いというのは、値段が高い安いということでなく、なんとなく買ってしまう行為です。


これくらいが自分の人生にちょうどよかったかもしれないと、満足することのできる人が幸せになれるのだろうと思います。


根は他者にあるのでなく、その人自身の一切だと思います。
(若いときに書道界から根のない人と言われたことに対して)


今の人は、自分の感覚より、知識を頼りすぎている。
感覚は自分で磨かないと得られない。


三好さんの詩は古典的な調べなので、古今集を書いているようなリズムで書けた。(艸千里)
(三好達治と過ごした時間を懐かしむ 秋深し柱にとまる胡蝶かな 経木に書いた俳句)

艸千里濱   三好 達治

   われ嘗て(かつて)この國を旅せしことあり
   昧爽(あけがた)のこの山上に われ嘗て立ちしことあり
   肥(ひ)の國の大阿蘇(おほあそ)の山
   裾野には青艸(青草)しげり
   尾上(おのえ)には煙なびかふ 山の姿は
   そのかみの日にもかはらず
   環(たまき)なす外輪山(そとがきやま)は
   今日もかも
   思出の藍にかげろふ
   うつつなき眺めなるかな
   しかはあれ
   若き日のわれの希望(のぞみ)と
   二十年(はたとせ)の月日と 友と
   われをおきていづちゆきけむ
   そのかみの思はれ人と
   ゆく春のこの曇り日や
   われひとり齢かたむき
   はるばると旅をまた来つ
   杖により四方をし眺む
   肥の國の大阿蘇の山
   駒あそぶ高原(たかはら)の牧(まき)
   名もかなし艸千里濱








肺結核にかかったが医者の「でも、治りますよ」という言葉に希望を見出した。
「時宜に適って語られる言葉は、銀の器に盛る金のリンゴのごとし」 旧約聖書


「わが立つそま」
阿耨多羅三藐三菩提の仏たち 我が立つ杣に冥加あらせたまえ」








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
103歳になってわかったこと (篠田桃虹) ベレー帽通信 WEST/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる