草土千軒遺跡

画像


「草土千軒」は、芦田川の下流に室町時代に栄えた交易都市である。
芦田川の改修に伴い、大がかりな発掘調査が行われ
かなりの規模の町であったことが明らかになった。

これらの出土品資料は福山城に近い「県立歴史博物館」に
原寸大のジオラマとともに展示されている。
展示は実に見ごたえのあるもので、ベレー帽2人は
とても満足して、遺跡のあった現地を訪ねた。

草土千軒は「草土稲荷」と「明王院」の門前町としてあったようで
現在も「明王院」のは当時の姿のままの五重塔が残り
ベレー帽2人は感慨にふける。

明王院の裏山から、芦田川を望む。
赤い橋が見えるあたりが、草土千軒の中心と思われる。
おそらく、内陸からの物資と瀬戸内の海運でもたらされた物資が
草土の繁栄をもたらしたのであろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 石の宝殿

    Excerpt: かねてから行きたいと思っていた、「石の宝殿」にサイクリングを兼ねて行く。 「石の宝殿」とは、高さ5.7m、幅6.4m、推定重量500tの古代石造物である。 Weblog: ベレー帽通信 WEST racked: 2006-12-07 23:30