梅北地下道 開通銘板

画像


JR大阪駅の北側には大きな貨物駅(梅田)がある。
こんな街中の一等地に、流通革命に取り残された
もったいない土地があるのが、今の大阪らしいところである。

やっと、ヨドバシカメラの巨大ビルができて
賑やかになりかけているが、これだけではねぇ。

さて、この貨物駅を東西方向に横切るにはどうすればいいか。
大阪の人ならよく知っているのだが、よそもんには困った問題である。
しかし、人の往来を見ていると、よそもんにも、なんとなくわかってくる。
梅北地下道なる便利なものがある。

結構、人通りが多く、
「自転車は押して通りましょう」と書いてあるにもかかわらず
乗って走り抜ける人ばかりなのも、大阪である。
おまけに東入口の半分は、放置自転車で占領されているのも
おもわず「大阪らしい」と思ってしまう。

さて、今回発見したのは、この地下道の由来を記した銘板である。
これによると、広大な貨物駅により、従来の道がなくなり
不便をきたした地域の住民が、当時の鉄道省に陳情し、
昭和3年に延長500mの大地下道の完成を見たとある。

昭和3年といえば、鉄道全盛の時代、
商都大阪の物資ターミナルとして、貨物駅は重要な施設であり
鉄道省の権威は強いものがあったであろう。
それに対する住民の切なる願いが、この銘板から読み取ることができた。

これは地下道の東口に掲げられているが、立ち止まり見る人は稀である。
梅北に来た折には、ぜひ見てほしい一品である。





Nゲージ 貨車 ヨ8000 #8022
KATO Nゲージ ヨ8000 8022 鉄道模型 貨車

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック