第一モテル館

米子は結構古い町並みが残っている。
しかし、城下町の風景でなく
地方中心都市によくある、昔のアーケード街と町家である。

米子駅からは、このような2つの商店街と古い町家をたどって中海まで行ける。
どうもこのルートは交通が船の時代に栄えた町並みのようである。
このルートに沿って旧加茂川があるが、今では駅近くで川は消滅している。

画像


写真は古い理髪店であるが、看板の文字の向きから見て昭和初期である。
その当時にしては、りっぱな作りだったであろう。

はじめ「モテル館」とは、motel かと思ったが
実は女に「もてる」なのである。
米子の旦那衆はここで男前にしてもらったのだろう。
昭和初期のよき時代を、ほうふつとさせる物件である。

ベレー帽度 5☆ である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

beret-east
2006年10月29日 14:47
こういうファサドをみていつも思うのは、2階の飾り窓のむこうがどうなっているのかなあってこと。きっとしゃれた部屋にしてあるんじゃないだろうか。そうだぼくも佐渡トラの前にサンパツに行って以来ちょうど2ヶ月髪を切っていないので、これからいかなきゃあ。

この記事へのトラックバック