回船問屋 旧後藤家住宅

旧加茂川の最下流には、回船で財を成した後藤家住宅がある。
現代では、大きすぎる住宅である。
観光ガイドにも載っているので、あえて記載しない。
ベレー帽としては、その向かいの旧加茂川に沿った民家を見る。

画像


見ると右は古くからある住宅である。
おそらく、後藤家がまだ加茂川を利用して商売をやっていたころ建てられたものであろう。
加茂川へ降りれる階段なんかがあって、加茂川との接点を持ち、
この家の生活と加茂川が密接な関係を持っていたことが伺われる。
蔵なんかもあって、後藤家と同じく、船運で財を成したのかもしれない。

さて、写真左手2軒は明らかに新築住宅である。
しかし、周辺の景観にマッチしたデザインで好ましい。
条例か何かで制限されているのかもしれないが
美しい町並みの形成は、住む人によりなされるという好事例だと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

beret-east
2006年10月29日 14:43
こういう川にすぐ蓋をして道路にしてしまうってのが、よくあるのだけど、余裕ある景観がこれからも残ってくれればと思う。水運を利用していたらしい?わりには、川側に開口部がみられませんね。オリジナルの家は川側に難からの施設をもっていたのではないでしょうか。家の内部を見てみたいものですね。深掘りベレー帽が必要かもです。
beret-west
2006年11月03日 00:11
蔵にはさまれた家は、明らかに川側に向いている構造だと思いますが。
よく見ると階段のついた入口があります。ここから出入りして船でどこかへ行っていたような感じです。

この記事へのトラックバック