「街的」ということ

「街的」とは何か。街に民俗学を持ち込むと、この本ができる。
久々に面白く読めた、「ベレー帽的」推薦書。
街に暮らすものにとって「いなかもの」は
地方を蔑視して言う言葉でなく、
「いなかもの」と呼ばれないために
流行や消費に特化した情報をまとうことが、
「いなかもの」なのである。
街の消費に関する情報は、けっして、本やウエブから得るものでなく、
街をうろうろし、実体験として得た情報が本物なのである。


画像

                            新開地 2006/1 ©beret-west


(以下、メモ)

面白い街というのは歩くものの予定を台無しにして
予想外の出来事に巻き込む街である。

大阪での「うまい」店は、毎日食べるものがごく自然に
「普通」を少し越えた「普通に美味しい店」である。
そこには「リーズナブル」とかいう物言いはなく
店主と客の「これでどや」「はい、よっしゃ」の感覚である。

花街の店は、その店がどんなジャンル(料亭、割烹、小料理etc)か
客に知られることを極端に嫌う。
それは、その店の「底が知れてしまうことで」
それを消費した客は逃げてしまうのである。

旅行の楽しさは、見知らぬ国で見知らぬ人に囲まれ
自分の居場所を見つけたときであり
それまでのいろんなプロセスが「楽しさ」を担保している。
その人のパーソナルヒストリーが関係する。
          (同感同感)

私に見えたものが、ひとつの面白い物語になるかどうか
それがいい店とのかかわり

大人でなく、子供をターゲットにしている店は街では長続きしない。
子供はムードやキャラクターでものを消費する。
だから、手を変え、品を変え、新しいおもちゃを与え続けないと満足しない。
街は本来、大人のためにある。

「店の常連」とは
「街の先輩」とは

神戸北野 「ジャック・メイヨール」


江 弘毅 1958生 神戸大学農学部園芸農学科卒
「街的」ということ――お好み焼き屋は街の学校だ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ある屋なしやの備前屋
2006年12月27日 20:08
 Kingcotz改め備前屋とします(私の友人があまりにもこう呼ぶので)。
 くまさんのプログからは非常に真摯な姿が伺えます。私の好きなブログです。それに関わらず読み手の私はいいかげんです。なぜならば、このタイトル「街的」を見ながら、「女衒」と云う言葉が浮かび、そういえば、昔、会社の先輩に「どこの出身かね?」と聞かれ、「花街」です。と応えたことを思い出したからです。その先輩は非常に自らを省みてか?喜んでおられました。さて、街が街である所以は“決断”の速さです。状態がノンビリでも、決断が早い。生活していけないからです。決断を遅らせたり、誤ったりすると村になります。と不埒にもラジオでジークフリートを聴きながら酔って書いています。すみません。いつか(きっといつか)飲みましょう。
くま
2006年12月27日 23:36
備前屋さん。「女衒」の心理構造や論理があるとするなら面白いテーマですね。(ベレー帽的発想)こんな映画もひとつヒントになりますが。http://beret-west.at.webry.info/200608/article_7.html
「決断を遅らせたり、誤ったりすると村になります。」はどういうことですか?
備前屋
2006年12月28日 01:41
「決断を遅らせたり、誤ったりすると村になります。」はどういうことですか?
 →私はこの内容を書いて“しまった”と思いました。もっと熟考すればと思いました。
 と、問われてしまっては、なぜ、そう考えたかについて応えます。花街の語に酔いながら、故郷の空を想いました。-明治初期、山陽本線敷設の際に海岸沿いを通さなかったこと、戦後間もない時期におきた機雷による女王丸の沈没と云う悲劇(関西汽船が寄港の廃止)、江戸時代の繁栄を築きながら、なんとかできなかったものか?昭和33年の赤線廃止。高等学校の統合・改名。分校として残るも夜間高校への移行・廃止。映画館廃業(2軒)。塩田跡地の空港転用話の頓挫。近隣への大型スーパーマーケット進出による人の移動。衰退の始まりといえば、朝鮮通信使との交流廃止、参勤交代の廃止-こんなどうでもいいことを書いたのは背景を述べたかったからです。要するに、局面(政治局面、経済局面など)が変った時、最速、最良の判断ができる環境を持つ所が街だと、社会システムの全体的な位置付け・流れの把握の欠如による判断ミス、あるいは判断しないことが街を村にしてしまうと思ったからです。
くま
2006年12月28日 23:18
分かりました。街にしても国にしても情報から遠ざかったところは寂れてしまいますね。ベレー帽通信のテーマのひとつは「街の盛衰」を探るです。新しい街を旅するとき、その答はその街の匂いとして残っています。それは考古学者が遺跡を発掘するように、注意深くその街を探検することによって見えてきます。機会があれば備前屋さんの手引きで、故郷を歩きたいものです。
備前屋
2006年12月29日 01:03
私も分かりました。
街の匂い-これですね。この“匂い”は、古の風景までも含めた住民の息遣いを感じる言葉だと思います。どうも他のブログに書き込んでいると、なんと皮相的なことを書いているのだろうかと、昨日は反省しました。すんません。どうかこれに懲りずこれからも宜しくお願い致します。あっ、それから故郷についてですが、帆船の物流の時代が終わり、西回り航路の寄港地ではなくなったことも、急速に街の機能が変っていった要因であるこを付け加えておきます。

この記事へのトラックバック