縦並び社会 を読む

いざなぎを越える景気だそうだが、あまり実感しない。
一方で、格差社会が訪れているというほうが実感する。
ナゼそうなのか、考える人のいい参考書になる。
経済のグローバル化と規制緩和に引きずられて
労働に何が起こっているのか、よく見えてくる。

外国と比較した日本も見えて、なるほどと思う。

たとえば、
カナダでは過疎地で移民が働き、地域を維持している。
アメリカでは、いい仕事や生産性の向上には、
充実した私生活が基盤にあるという考え方があるけれど
日本は生産性の向上の面ばかりを見て、米国型と称している。

ブータンは国民の平均年収は日本の50分の1
しかし、ホームレスはいない。
ブータン政府の05年アンケートでは97%の人が
「幸せ」と回答する。
国王は「GNP」より「GNH」(国民総幸福)を国の目標に掲げる。

日本では何%が「幸せ」と回答するだろう。

この本は小泉政権下の2006年に毎日新聞が
取材したものがベースになっている。
小泉から安倍へ政権は替わって、安倍の言う
「美しい国」は「幸せな国」なのか???????

防衛庁が防衛省に、いつの間にか
国民が知らないうちになってしまうような
幸せでない「美しい国」は、我々はいらないのである。(ー_ー)

縦並び社会―貧富はこうして作られる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック