「土地の文明」

「ベレー帽活動」の目的のひとつは、
都市の盛衰について探ることなのだが、
この本から、都市を見るにあたっての多くのヒントを得た。
著者は元建設官僚なのだが、職業柄、都市の立地条件から、
歴史書も紐解きながら、その盛衰を語ってくれる。



面白いと思った事項をメモする。



赤穂浪士の討ち入り は、徳川幕府が、「吉良家」を抹殺するために
仕組んだものだった。それを物語るのは、吉良邸の本所への移転である。
実は、「吉良家」は朝廷と徳川家を仲介する立場で、
ある意味で、徳川家より優位に立っていた。




征夷大将軍 の歴史的意味

「夷」とは、字を分解すると「一」「弓」「人」となり、狩猟民族のこと。
日本の「稲作民族」が「狩猟民族」を駆逐する歴史。

「源頼朝」 京都の不健康さを嫌い、鎌倉に閉じこもったため
膨張する武士集団の権力欲に頼朝は抹殺された。

最後の「夷」の系譜は「毛利氏」である。
戦国時代の中国地方は海と山の国で、
毛利氏の発祥の地は、山間部の広島県吉田町であるように
まさしく、稲作を基盤としない一族であった。
毛利氏は、家康により、関が原で滅ぶ。

「徳川家康」は、関が原の勝利後、「武士の総領」としてのタイトル
「征夷大将軍」を手に入れたが、さらにその地位を固めるため
「征夷大将軍世襲制」「吉良家の抹殺」といった策略を繰り出す。




大阪の「濃さ」は、古くから人口密度が高いことに因している。


奈良は、シルクロードという交流軸から外れて、衰退した。


大陸から舟でたどり着きやすい「滋賀・京都」が都となった。


ベレー帽、お奨めの1冊



土地の文明 地形とデータで日本の都市の謎を解く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック