「ベニスに死す」を観る

美しい、恐ろしい映画だ。
美の先にある死。
美しいものはやがて朽ち果てる。

イタリアミラノの貴族出身の
ルキノ・ヴィスコンティにしてこの映画が作れたのだと思う。

初老の作曲家と美少年タジオ
若いことは美なのか。
老いには美はないのか。

画像

                        ©2002 Beret-west

舞台が美しいベニスであり
そこに疫病コレラが蔓延するというストーリーも
美とその裏にある死をイメージさせる。

美しいが恐ろしい映画である。
見終わった後、気分が重くなった。



ベニスに死す [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ベニスに死す [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 新型インフルエンザ備忘録(2)

    Excerpt: 夕方、ジムへ泳ぎに行く。 疫病の影響で?いつもより人気の少ない街を歩くと ヴィスコンティの映画「ベニスに死す」を思い出してしまう。 ジムも、いつもより空いている。 受付のお姉さん曰く「いつもの.. Weblog: ベレー帽通信 WEST racked: 2009-05-17 23:16