「吉原手引草」(松井今朝子) を読む

久しぶりの新刊ハードカバー、
題名にひかれて読み始める。
吉原きっての花魁「葛城」の失踪事件。
主人公は「葛城」であるのだが、
まったく本人は登場しないで、
周りの人々の弁により
葛城の姿が明らかにされていくのが面白い。

また、作者の風俗考証も綿密で
吉原の風俗がわかって興味深い。

吉原という郭のシステムは、
今の会社組織となんら変わりない。
しかし、情というものがそれに加わる。

その人のイメージというのは
本人が作り出すのでなく
周りの人によって作り出されるもの。
何が真かは本人だけが知る。

推理小説でもあるので
物語の結末は、語らないでおく。
本の装丁も、いい。

評価★5







吉原手引草

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック