東京城の事件 (中国東北部自転車ツアー/2007.8.15)

8月15日は抗日戦勝記念日である。
そのせいか、昼食に訪れた牡丹江市の上空には
戦闘機が幾度も旋回している。

なんかヤバいなあと思いながら、東京城に向かう。

東京城は、渤海国の都があったところで
その遺跡を見るために立ち寄る。

まずは、東京城の駅に行く。
ちょうど、中国鉄道の列車が入ってきた。
昔ながらのモスグリーンの機関車でローカル色満点である。

画像


駅前にはトラクター牽引の荷車が止まっていたりして
中国の田舎に来たなあという感じだ。

画像



しかし、のんびりした雰囲気もここまでであった。
伴走のバスに戻ってみると、公安がバスを没収していたのだ。

どうも駅前は駐停車禁止で、公安はそれをとがめたのだが
それだけでなく、バスそのものを公安局に没収されたようだ。


公安局の前で不安な気持ちで佇む。

画像


しかし、今夜の宿泊地はまだ30kmほど先の鏡泊湖である。
とりあえず、走ることにする。

画像



広大な大平原を地平線に向かってペダルを踏むが
気持ちは半分バスのことが心配で、風景もろくに見ていない。
東京城の遺跡見学もキャンセルである。


鏡泊湖は火山の堰止湖である。
アプローチは当然上り坂で、
おまけに雷も遠くで鳴っているし
これで雨が降ってきたら最悪だ。

なんとか、5時ごろ鏡泊湖に到着。

現地旅行社が人民政府と連絡を取って
バスも返還されたようだ。
運転手さんは結構、罰金をとられたようでかわいそうだった。


やはり、今日は8月15日なのである。















渤海に関して読んだ唯一の本。
同行の人に勧めたものの
帰ってから、本棚を探すが見つからず。
買おうにも絶版である。
どこへ行ったのだろう。

渤海国の謎―知られざる東アジアの古代王国 (講談社現代新書)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック