現代中国の産業 (丸川知雄) を読む

我々日本人はどれだけ中国の
工業製品メーカーのことを知っているだろうか。
せいぜい、ハイアールやレノボくらいが関の山である。
しかし、中国国内では既に、日本の電機メーカーの製品は
シェア争いに敗れ、どの家電製品でも下位に甘んじている。

著者は、中国メーカー台頭の理由を
中国企業の「垂直分裂」にあると説明する。

中国製造業の特徴は
外部のすぐれたパーツを取り入れ
それを構築することで製品を作るという
即効性を重視した産業構造になっている。

個々の具体例は専門外には読むのに疲れるところもあるが
急成長する中国製造企業の本質を知るのに適した本である。


現代中国の産業―勃興する中国企業の強さと脆さ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック