朝食にパスタをゆでる

休日の遅い朝食に、パスタを食べるというのは好きなのだが、
ゆでて、そのあと水切りするのがめんどくさくて
ついついパンで済ませてしまう。
しかし、今日は秋晴れだし、午前中の予定もなくパスタを茹でることにする。

どこのメーカーのパスタでも
湯がき方さえ、間違いなければ大差ないと思う。

パスタの量をちゃんと計量して、
多めの湯で、時間を計って茹でて、
ころあいを見て、1本試食して硬さを確かめる行為が
食べるときの満足度を左右する。

わかりきった簡単な事だが、
テレビを見ながら茹で上がるのを待つといった
慎重度を欠くと、後で残念な思いをする。
ここが、カップラーメンとの違いである。

さて、水切りだが、
便利なパスタ鍋を知り合いから頂いて
重宝している。
鍋の蓋に穴がたくさん開いていて
蓋が固定できて、そのまま水切りできてしまう。
あの、インスタントソース焼きそばUFOの
水切りを思い出してもらえばいい。

ということで、今日はミートソース(缶詰)を暖めて
時間的にもコストパフォーマンスな
美味しいパスタを召し上がったのである。




2011年現在、Frabosk LOVE パスタ鍋は入手できなくなっている。
ハート型のつまみデザインが、かわいかったのに残念である。
Frabosk 水切り鍋 LOVE 22cm 487.22



パスタ鍋は中子ざるのタイプはよくあるが、
鍋蓋が水切り兼用になっているものは少ない。
代替品としてはこのようなものがあるが、実用本位で味気ない。





Frabosk 水切り鍋 LOVE 22cm 487.22

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック