モルモン教の勧誘を受ける

仕事帰り、駅まで何も考えないでボーっと歩いていると、
後から自転車でさーと走ってきた外人が振り向いて
「宗教に興味ありませんか」と訊ねてくる。

見るとスーツを着て、自転車ヘルメットを被っている若い二人づれである。
モルモン教の勧誘であることが、すぐわかったので、
ちょっと挨拶がてらに
「どこから来たのですか」とたずねると
「アメリカでえーす」と流暢な日本語。
すかさず私が「ソルトレークシティね」と言うと
「よく知ってますね」
「布教がんばってくださいね」と言うと
彼らは脈がないとわかってさっと行ってしまった。

モルモン教のこの手の勧誘は地方都市でよく見かける。
自転車でかなり遠くまで2人組で走って行っている。
雨の日もポンチョを被って走っている。
そして、ヘルメットは必ず被っている。

これも、修行の一環かもしれないが
16世紀ごろ、日本を始めヨーロッパからアジアに来た宣教師を思ってしまい
はるばる異郷の地で、えらいなあーと毎度感心する。

私なんて業が深いから、きっと入信してもこんなこと出来ないと思う。
それ以前に、入信しないだろうが。

しかし、彼らに勧誘の声をかけられたというのは
何か、「救いを求めている後姿」だったのかなあと
駅までの道すがら考えてしまった。
あーあ。。








モルモン教とキリスト教
いのちのことば社
ウィリアム・ウッド


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



大阪ではこれが有名

のれん ホルモン焼(5巾)
厨房卸問屋 名調


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

サイレント
2010年07月11日 21:24
犬の散歩んとき、必ずといっていいほど外国若者2人組(チャリ、メット死守)に会う。
勧誘対象は青年。女性は絶対誘わない。無料で英会話やってるからーっていつも男の子を誘ってる。謎だ。
kuma
2010年07月11日 23:46
男専門というのも何ですね?一度カモになっていろいろ話してみるのも謎を解く方法かも。大学のとき、この手の勧誘で食事に誘われてご馳走になった友人もいましたが。

この記事へのトラックバック