ぼくたちは銀行を作った (十時裕樹) を読む

ソニー銀行を立ち上げた人の
銀行開業に至るまでのお話。
さらりと読んでしまったが、
今までなかった
ネット上で銀行を開業するということは
やっぱり大変なことですよね。

著者の十時さんのほかに
石井さんとか浅野さんの情熱がエンジンになった。
石井さんは破綻した山一證券から
浅野さんは三菱東京銀行を辞めて来ている。
なるほどねえ。

それとソニーというチャレンジャーに優しい企業風土。

私は、昔から、いわゆるソニーフリークなのですが
ソニーの製品には、他社にはない何かがある気がするんです。

それはきっと、今までにない、新しい何かをしてやろうという
気持ちが形になっているのかもしれません。

でも最近残念なのは、そのようなソニーの製品に
めぐり合う機会が少なくなったような気がします。

PS3がWiiに負けてしまったのもその辺にあるようです。
ソニー銀行の
ユニークなMONEYKitの画面も
最近変更されてしまって、
さびしい限りです。

でも、いま1年ものの定期預金は
ソニー銀行が一番いいのでお奨めですね。
余計な心配ですが
国債の金利よりいいのですから
どうして運用しているのでしょうか。

まあそれはともかく、
ソニー流の銀行がいかにして出来たか
面白く読めた1冊でした。
挿入された多くのイラストも
この本をソニーブランドに仕上げています。






ぼくたちは、銀行を作った。―ソニー銀行インサイド・ストーリー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック