ⅰモード以前(松永真理) を読む

ⅰモードを開発した人だというのは知っていたが
「リクルート」出身だとは知らなかった。
彼女の仕事の歴史物語を面白く読めた。


仕事を物語り出来る人は幸せだと思う。

因果関係を必然として解くのでなく
偶然に対して寛容であってもいい。

確かに、人生には転機があるものだけれど
それは予期しない形で突然やってくるものだ。
それを受け入れるのは、寛容さが必要だということ。

彼女は普通以上に
それが出来る才能を持っていたのかもしれない。
それとリクルートという社風がそれを育てたようだ。

リクルートという会社は情報をお金に換える会社だったと実感する。
リクルート事件というのもあったことを思い出させてくれた。



--------------
メモ
亀倉雄策
リクルートのかもめマークをデザイン
他にオリンピックのポスター、NTTマークなど
グラフィックデザイナー

リクルート事件 1988
未公開株の譲渡による政治家・官僚への利益供与


iモード以前

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック