自転車で「淡路七福神」を巡る (鯉のぼりの歌)

この数年、連休の恒例となった
神戸市青少年会館主催の
中高生サイクリングツアーに
伴走ボランティアで参加する。
今年は、淡路七福神を自転車で巡るというものだ。

今回は最後尾を走ったが
中高生の参加者は例年になく、レベルが高く
私より高価な自転車を持っている子もいたりして、
事故もなく、大きく遅れをとることもなく、
スムーズに走行できた。

ボランティアといいながら、たいしたこともせず
自分も人一倍楽しませてもらった。
企画、運営をしたいただいた
青少年会館のスタッフに感謝したいと思います。


淡路の内陸部は、
まだ、古い農村景観が残っていて
懐かしい、よき日本を見ることが出来る。
淡路では端午の節句は旧暦だと思うが
明日はこどもの日ということで
鯉のぼりが美しく空に舞う。

画像


童謡の「こいのぼり」を思い出してしまった。
私の知っている「こいのぼり」は2つあって

-------
 いらかのなみと くものなみ
 かさなるなみの なかぞらを
 たちばなかおる あさかぜに
 たかくおよぐや こいのぼり

これは明治生まれの祖母が、幼いころよく歌って聴かせてくれた。

-------
  やねよりたかい こいのぼり
  おおきいまごいは おとうさん
  ちいさいひごいは こどもたち
  おもしろそうに およいでる

これは幼稚園で歌ったというか、みんなで歌いましょうというものだ。

-------

なぜか、鯉のぼりを見ると、前者の歌を思い起こす。
歌詞も七五調で、旋律がなくてもリズム感があっていい。
子供のころは古くさい歌だと思っていたが
このよさは、大人になってわかった。

今回走った子どもたちも
鯉のぼりを見たと思うが
何人の子どもが、鯉のぼりの歌を思い起しただろうか。

画像



-----------

淡路七福神巡り
5月3日~4日
130km

八浄寺 大黒   佐野
宝生寺 寿老人  里
覚住寺 毘沙門  神代社家
万福寺 恵比寿  賀集鍛治屋
護国寺 布袋   賀集八幡
長林寺 福禄寿  五色町都志
智禅寺 弁財    草香








友禅鯉のぼり ファミリーセット1.2m
友禅鯉のぼり ファミリーセット1.2m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック