つつじが原自然探勝路 (知床紀行§3)


川湯温泉から硫黄山まで散策路が整備されている。
わずか2.5kmの距離だが
硫黄山の影響で、土壌や大気が変化するため
植生が大きく変化していくのが興味深い。


川湯温泉近くはミズナラの群落
画像


帽子山付近はイソツツジの群落
ミズナラの高木は見られない。
画像



硫黄山の蒸気が見えるあたりは
ハイマツが優勢になる。
画像


生態学のニッチにあてはまる植物群落の見本園である。


早朝なので人影もなく自然の中の自分を感じる。

画像


本土の自然はほとんどが二次的自然であるが、
北海道の人の手が加わらない自然だ。
しかし、まだやさしい自然景観だ。

画像


硫黄山を見ながら
2003年に探訪したカナダのもっとワイルドな自然を思い出す。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック