伝 松風・村雨の史跡を訪ねる

寒いが歩いて多井畑厄神に初詣する。
ここ多井畑に残る松風、村雨の史跡を訪ねてみた。
松風、村雨は能「松風」に登場する伝説上の人物で、
多井畑の村長の娘姉妹「もしほ」「こふじ」のことで、
在原行平が寵愛したことになっている。



これは、松風、村雨が姿を映したという「鏡井」
住宅地の中に追いやられて、濁ってしまっている。
画像




これは、松風、村雨のものと伝えられる五輪塔
たぶん、右手の大きい2つが松風、村雨のものだろうけれど、
あまりお祀りする人もないようだ。
画像



ここの鏡井にある碑文によると
886年(仁和3年)に須磨に蟄居したとある。
しかし、調べてみると、
在原行平が須磨に滞在したという形跡は定かではない。


886年は、行平 69歳の時である。
行平は887年に官位を辞しているから、
何か仕事上のトラブルがあったのかもしれない。




連れに言わせると
「行平のお世話をした、この土地の女の人かもしれないね」
確かに、そうかもしれない。



能 謡「松風」

旅の僧が須磨で海人に一夜の宿を求めたところ
海人が松風、村雨と菅原行平の悲恋を語りはじめる。
海人は実は、松風、村雨の霊であった。
ぜひ一度 見てみたい能である。



855年、行平が因幡の国守になった時に詠んだといわれる

「立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば いま帰り来ん」


いずれにせよ
多井畑は、古い山陽道が通過する場所で
畿内と播磨の国境の村であった。

ここに「もしほ」「こふじ」という姉妹がいて
その話が、旅人ともに京に伝わり


在原行平は、京に住みながら、この国境の村を思い
歌を詠み、
そののち、失脚した行平とこの歌を結びつけ
後世の人々が、更なる物語を語ったのではなかろうか。





村雨、松風の墓所には、冬というのに、おびただしい空蝉が残っていた。
画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 世阿弥(白洲正子)を読む

    Excerpt: 白洲正子による、世阿弥の解説書。 女性でありながら能を自ら手がけた、 白洲正子の語る世阿弥なので、 非常に解りやすく説得力がある。 Weblog: ベレー帽通信 WEST racked: 2011-05-22 10:34