さらば財務省!(高橋洋一)

小泉改革から安倍総理辞任に至るまでの
内閣の舞台裏がよく見え、ドキュメントとして面白い。

郵政民営化、年金問題、公務員制度改革
すべてが、既得権益を守ろうとする官僚によって
おかしな方向へ向けられるのが分かる。

すでに制度疲労を起こしている日本の官僚システム
もはや、今までのような手法では、
すべてにおいて日本という国が機能しなくなってきている。

小泉改革の弊害は、よく言われるが、
この本を読むと、郵政民営化をやっていなかったら
将来悔いを残すことになったいただろうと思う。

年金問題にしてもこれほどひどくなったのは
問題を先送りにしてきた、社会保険庁の官僚制度だ。
国民はもっと怒るべきだ。


郵政民営化に伴うコンピューターシステムの構築を手がけている。
大きなシステムから必要な部分だけを取り出し
とりあえず稼動させる。

コンピューターシステムの場合
暫定か否かの議論は不要
暫定でないシステムは世の中に存在しない。
4,5年かけて完璧なシステムが出来たと思ったら
はじめに手がけた部分はすでに時代遅れになっている。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック