神戸マスク日記(8)

街角でマスクをしている人の数が急に減った。
しかし、相変わらずマスクが目に付く。
一応「安心宣言」とか言っているが
いったい今回のマスク騒動は何だったのだろう?

帰りに三宮をぶらぶらする。
本屋に村上春樹の新刊「1Q84」が山積されている。
買おうかなとも思ったが、ぱらぱら立ち読みして
そのうち図書館で借りるか、BOOKOFFで買おうとおもってやめる。

村上春樹がイスラエルで行った「壁と卵」のスピーチを思い出す。


今回のインフルエンザ騒動も、
システムに絡めとられた人の群れが、
いかに行動するのかが見えた気がする。

このことは、すでに
阪神淡路大震災や酒鬼薔薇聖人事件を、
身近に実体験していやというほど味わったものだ。
マスコミも政府も大して当てにならなくて、
最後は個人個人だということ。


村上春樹、曰く
 「高くて、固い壁があり、
それにぶつかって壊れる卵があるとしたら、
私は常に卵側に立つ」ということです。

ふむふむ。


ということで、マスク日記も今日でおしまい。






-----------------
新型インフル「ひとまず安心」宣言 神戸市長(6/28)





1Q84(1)
新潮社
村上春樹


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック