攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL を見る

アニメだが、自我とは何かを考えさせられ、とても哲学的で見ごたえがある。
グローバルネットワークと人間の脳が繋がった社会では、
自我はネットワークの内部にも存在するのかもしれない。

生命体の生殖はDNAの情報の交換であり、
極端に言うと、
我々の日常はそのイベントのはざまの空蝉のようなものである。


人は生れたときから、膨大な情報を取り入れ
大人になっていく。子供とは何か?
このアニメの中に、印象的な台詞がある。


童子(わらべ)のときは
語ることも童子のごとく
思うことも童子のごとく
論ずることも童子のごとくなりしが
人と成りては童子のことを棄てたり



老人が認知症で子供のようになるのは
その情報が徐々に損失していくからではないか。



CGの可能性を追求したアニメとしても評価できる。
DVDに添付された押井守のインタビューは必見。

押井守
「うる星やつら」
「スカイクロラ」
「人狼」










GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 [DVD]
バンダイビジュアル
2004-02-25


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 世阿弥(白洲正子)を読む

    Excerpt: 白洲正子による、世阿弥の解説書。 女性でありながら能を自ら手がけた、 白洲正子の語る世阿弥なので、 非常に解りやすく説得力がある。 Weblog: ベレー帽通信 WEST racked: 2011-05-22 10:34