コッツウォルズの小さな街(2) ボートン・オン・ザ・ウォーター (イギリス紀行4)

次に訪れたのは、
ボートン・オン・ザ・ウォーター(Bourton-on-the-water)という、
その名のとおり街の中心を小川が流れる街。

画像




たくさんの団体観光客が来ている。
けっこう老人の姿が多い。
町全体がテーマパーク化している。
神戸の異人館街みたいな感じだ。
画像




町外れのThe Old New Innでコテージパイ を食べる。
画像


画像



宿屋の1階にはパブがある。
画像






ガイドブックにあるように、ハチミツ色した石造りの家が並ぶ。
画像



玄関脇のバラが様になっている家。きっと丁寧に手入れしているのだろう。
画像




さらに、観光客で騒がしい通りから少し入ってみる。
小さな小道には、素敵な家々が並んでいる。
画像


画像


画像




それぞれの家には表札の代わりに、家のネーミングプレートをつけている。
これは「ヒイラギの家」
画像



このような細い路地はこころが和む。
画像



このごろ日本では、建築基準法とか消防法の関係で、
昔からの路地が新しい建物、道路計画の折になくなるようだ。
安全は大切だけれど、路地の風情は捨てがたいものがある。
このブログを書きながら
神戸でも、先の戦災や震災をかろうじて免れた、
素敵な心温まる路地があることを思い出す。
画像

神戸市兵庫区 2007.4





路地裏を曲がると、そこはもう旅だ。




日本の路地を旅する
文藝春秋
上原 善広

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の路地を旅する の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



新世界の路地裏
ピエ・ブックス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新世界の路地裏 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



路地―Wandering Back Alleys
清流出版
中里 和人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 路地―Wandering Back Alleys の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック