世阿弥(白洲正子)を読む

白洲正子による、世阿弥の解説書。
女性でありながら能を自ら手がけた、
白洲正子の語る世阿弥なので、
非常に解りやすく説得力がある。


「花」とは何か

7歳 はじめるのによい歳。自然にやることが美しいものがある。
12,3 稚児姿の美しさ
17,8 変声期 童から大人へ
24.5 芸の定まる時期
34,5 盛りの極め
44,5 このころまでに失せざらん花こそ誠の花
50余 大方、せぬならでは手立てあるまじ (何もしない)
     父、観阿弥の能を述べている



「幽玄」とは何か

児姿は幽玄の本風なり




「序破急」とは何か

一つの能の中に序破急があり、
序の中に序破急があり、
破の中に序破急があり、
急の中に序破急がある。

すべての物事に序破急がある。

曼荼羅のこと、またフラクタル
結局、行く先は自然か



「花伝書」
これは世阿弥の幸福論である。
はじめは、食うために舞う。
権力に取り入る。
そして、佐渡に流されるが、
権力から解放された世阿弥は、
そこで自由を得たのではないか。









「松風」








人に薦められて読んだが久々の良書

世阿弥 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)
講談社
白洲 正子


Amazonアソシエイト by 世阿弥 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック