ル・アーブルの靴みがき(カウリスマキ) を観た



フィンランド人の監督のフランス映画ということで、
なんとなく見たいと思い、本日最終上映日に観に行く。



いやー ラストで思わす泣けてしまった。

人生を描かせると、やはりフランス映画。




ハッピーエンドというものの、
現実的な覚めた目では
実は靴磨きマルセルにとって、
悲しさの向こうのハッピーエンドではないかと観てしまう。





結局、妻アルレッティは、亡くなってしまうのだが、
マルセルは、不法移民の少年をロンドンへ無事送り出し、
彼は、妻との思い出を胸に、我が家へ帰る。




いや、こう書いてしまうと、現実そのもので映画にならない。
画面どおりに、奇跡が起こるのが映画なのだから。



久々のいい映画を観た。





夫のシャツにアイロンをかけた後で、
靴みがきの夫の靴を磨く妻アルレッティ
何気ないシーンだが、二人の関係をうまく表現している。

マルセルとアルレッティ
コートの似合う刑事
理知的な顔の不法移民の少年
それぞれいい味のあるキャストを起用している。
特に
アルレッティ役のオウティネンはフィンランド人
独特の顔を持った人だ。













2010.9 フランス オンフルール

画像









罪と罰 [DVD]
紀伊國屋書店
2002-12-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 罪と罰 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック