竹ノ内隕石落下地点に行ってみる (朝来市和田山町)

地図に「竹ノ内隕石落下地点」と記してあり、
以前からどんなところか、興味をそそられていたのであるが、
辺地にあり、なかなか行く機会もなかった。
本日、やっとその思いを果たした。
画像




和田山町史によると
日本で落下した隕石のうち落下地点が明確で
初めて科学的に記録されたのが
竹ノ内隕石である。

明治13年(1880)2月18日に大音響とともに
農家の壁にぶつかった。
重量718g
現物は国立博物館に保管とある。

地形がクレーター状になっているのかと、
わくわくして行ってみたが、
何の変哲もない水田が広がっている。
画像の奥のほうに、記念碑が見える。

画像


何か痕跡でも残っていないかと思いあたりをうろうろしたが、
130年も前のことであるし、残っているわけもない。

長年の夢みたいなものがなくなって、
なんだか、少しがっかりしたのだった。

Gibeon/ギベオン隕石標本 (隕鉄) 約3.0g
東京サイエンス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Gibeon/ギベオン隕石標本 (隕鉄) 約3.0g の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



オデッサ隕石標本 (隕鉄) Odessa
東京サイエンス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オデッサ隕石標本 (隕鉄) Odessa の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



隕石の見かた・調べかたがわかる本―藤井旭の天体観測入門
誠文堂新光社
藤井 旭

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 隕石の見かた・調べかたがわかる本―藤井旭の天体観測入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック