インド映画  ロボット Robot (シャンカール監督) は最高

2時間半もある。
美女、美男が主人公の
ロマンス、ダンス、アクション、カーチェイス
なんでもありの
映画大国インドらしい、てんこ盛り映画である。


IT産業振興著しいインドならではの
ロボットやコンピューターソフトをテーマに
ターミネーターを下敷きにした、
楽しい映画に仕上がっている。

アクション、カーチェイスも半端じゃなくて、
もうめちゃくちゃすごいのである。
新興国インドの勢いが映画にも現れているようだ。


感情を持ったロボットがどうなるか。
終盤では、インドの宗教的な精神が垣間見れるのも興味深い。


映像も、ハリウッド映画、顔負けのグラフィックス処理や
映像の美しさ

ロボットが合体してコブラになるさまは
ベクシル2077日本鎖国のグラフィックスのワームを思い出した。


インド映画はまさしく娯楽の王道である。
インド映画のこれからが楽しみだ。
最近まれに見る、お勧めのDVD映画である。


余談だが
このスーパーロボットの部品には、CPUはペンティアムだが
駆動装置は日本のヒラタ?社製のモーターが使用されているらしい。
かろうじて日本の面目維持か?
でもモーターではねえ。




ロボット [DVD]
角川書店
2012-10-03
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロボット [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロボット 完全豪華版ブルーレイ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック