養父神社 お走り祭を見る

役場のチラシに「奇祭 お走り祭」とあったので、
天気もいいので見に行くことにする。
見所は円山川の川渡りである。


予定時間の前に川岸に陣取る。
画像

結構な見物客である。

「遅いなあ」の観客の声に答えて、
川渡りが開始される。
画像

輿を担いで、川を渡っていく。

勇壮と言うより、腰まで浸かって、結構しんどそうである。

由緒書きによると始終、走るように行くので、「お走り」というようだ。
昔は、走って、いわゆるアドレナリン出まくりのトランス状態で
神がかりになっていたのだろう。

高齢化と地域人口の減少により、
伝統的な祭りも維持が難しくなっているのは
日本全国同じである。

ここも担ぎ手が少なくなって、
途中、輿は車上に乗せて移動である。

画像



川から上がった神様と担ぎ手はお疲れのようである。
見物客のほうが多い。
画像


祭りも楽しみより、義務的な時代なのだなあと思ったのである。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 養父神社 の狼の狛犬

    Excerpt: 養父神社はJR山陰線に面して鳥居が見えて、 木々の雰囲気もよく端正な神社である。 Weblog: ベレー帽通信 WEST racked: 2013-04-27 15:57