矢名瀬付近の旧山陰道 梁瀬駅 (朝来市山東町)

自転車で旧山陰道を走る。
矢名瀬付近の国道9号線に交差する旧山陰道には
古い面影が残っている。

現役の造り酒屋が2軒もある。
画像


今はもうやっていない写真屋も、
かつてハイカラな写真館だったような店構えで残っている。
画像


もう字も消えかかっている「梁瀬村道路元標」が村の中心だったことを物語る。
画像


JR梁瀬駅は、町の中心から、山陰道を和田山方面へ下ったかなり離れた場所にある。
昔は鉄道の駅は町外れにあるのが常である。
古き鉄道駅の典型的な形態。ポストと電話BOXも添えられている。
画像



駅名の看板のロゴに、昭和30年代の雰囲気を感じる。
画像


駅前の元旅館であったような家屋
画像




駅のそばにあった、線路をくぐる通路。
レンガのアーチが、山陰線を建設したときに
造ったものであることを物語っている。
よく観察すると、水路でその上に鋼板を掛けて人が通れるようにしている。
このような形式は、山陰線でいくつか見られる。

画像



和田山方面へは河岸段丘の上を旧山陰道が通るので見晴らしがよい。
画像


しばらく行くと旧和田山町に入る。
桑原という集落の道脇にあった
「兵庫県農■米麦改良事業表彰部落」大正12年とある高い石柱。
画像

農家が収穫高を競い合っていた時代のものだ。
この類の石柱は但馬ではいくつか目にした。

2時間ほどの山陰道の時間旅行を終わる。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック