家で親を看取る その時あなたは

4月21日、NHKスペシャル。
他人ごとではないので見る。

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0421/

親を家で看取るというのは、祖母の場合はそうだった。
子供ながら、人が死ぬのはこういうことかと思った。


高度成長ごろから、仕事や住宅事情で
病院で看取る時代になって、

団塊の世代が、今その時期に差し掛かり、
病院や介護施設が、その数に追いつかなくなり、
また、自分の家で看取る時代になったというのが、
皮肉なものだ。




胃瘻とか中心静脈栄養とかいう、
いわゆる延命治療と称する医療技術?がある。

食べれなくなると病院はこれを勧める。

知人の医師に聞くと
「こういうのもありますよ」と言っておかないと
後で、「なぜ教えてくれなかった」と
言う家族もあるから、言うらしくて、

「自分の親なら、そんなことしないけど」
というのが、医師である彼の本音。




母親の場合も、そういうケースに直面したが、
嫌だったので、断った。

大変だったが、いろいろ手助けすると、
なんとか食べれるようになった。
本人が自分で食べれるうちは、こういうことは
やらないほうがいいというのを学習した。



この番組でも、胃瘻をして、ずっと植物人間状態の親に対して、
家族が、胃瘻を止めたいと担当医師に相談する場面があった。

当然、止めるということは死を意味する。

いったい延命治療とは何なのか
いつまでも生きてほしいという家族の思いが

いつのころからか、
病院の経済的論理に刷り替わったので
変になっているのだと思う。




老衰ーー 食べれなくなり死ぬということ。


胃瘻とかの延命治療?とは逆に
即身成仏や補陀落渡海は
この老衰を自らの強い意志でやっていたのだ。


老衰というのは、ごく自然だと思う。
だんだんと食べれなくなって、
体重が減って、木が枯れるようになくなっていく。
それが老衰というものであって、普通なんだと思う。


家族も心の準備をしておく必要がある。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック