ボロンナルワの仏教遺跡 (スリランカ紀行13) 

ボロンナルワは10~12Cのシンハラ王朝の都で、
南アジアの中心的な仏教都市として、栄えたという。
しかし今は、その面影もなく、林の中に遺跡が無造作にあるだけだ。




7階建であったという宮殿跡。
穴は床の梁を通した跡だという。
レンガ積みのようだが、かなりの建築技術だ。

画像



すでに過去に破壊しつくされた感がする廃墟である。
わずか壁面に内装の残片が見えるのみだ。
画像


動物のモチーフが面白い 議場跡
画像






クワドラングル
仏教遺跡が集合していて、日本の伽藍のような印象の場所だ。
画像


僧が集まり修行をするところを、サンスクリット語でサギャランマと呼ぶので
仏教布教コンプレックスといったものがあったのだろう。


ワタダーゲ
中心的な円形の建造物。
中国の天壇を思い出す。
画像



仏舎利塔(スツーパ)が中央にありそれを円形の屋根で覆っていた。
画像


ガルボタ 
横たえる巨大石碑、まさしく石の本。
水鳥が並んでいる側面の装飾がいい。
画像



ラター・マンタバヤ
蓮の花茎を象った石柱が並ぶ。
画像


サトゥマハル・プラサーダ
日本の熊山遺跡の石塔に酷似している。
http://beret-west.at.webry.info/201002/article_5.html
熊山遺跡と同じく用途不明、建築時は何かの意味合いがあったのであろう。
タイの寺院にもこのようなものがあるという。
仏塔のひとつの様式であるのは確かだ。
画像




ガル・ヴィハーラ
巨大な釈迦石造群
画像



巨岩を削りだしている。原石の流れるような模様がそのまま像に反映しているのがいい。
画像



画像



画像

保護用の大屋根が少し残念

画像





amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スリランカ 時空の旅―遺跡を旅して知った歴史と仏教 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック