切腹 (小林正樹 監督)

1962年松竹映画。
なかなか、骨のある映画であった。
このような映画は、今どきお目にかからない。


寛永年間、太平の世になり仕官にあぶれた浪人が江戸に多くなった時代。
武士道といいながらも、精神論だけでは生きていけない。
組織(井伊家)の面目を維持するため、組織は武士道の体裁をとる。

(ストーリーを知りたい向きは、ぜひ映画をご覧願いたい)


いつの世も、組織の本音と建前は
個人を翻弄することがある。

しかし、ラストでは、
津雲半四郎の行動が狂気に変わって見えるから
本当は何が正しいのかわからなくなる。


演技では
津雲半四郎(仲代達矢)と沢潟彦九郎(丹波哲郎)の決闘シーンは
真に迫るものがある。



あの頃映画 「切腹」 [DVD]
松竹
2012-12-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あの頃映画 「切腹」 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック