アホウドリを追った日本人(平岡昭利)

南鳥島とか沖ノ鳥島とかの本土のはるか南方の島が
日本領となっているのは、明治期に
アホウドリの羽毛を求めて民間人が繰り出して行ったのが
その結果であるという興味深い本である。

明治10年ころから、羽毛を求めて小笠原へ進出し
島のアホウドリが撲滅するとさらに他の島へ移っていく。

羽毛が枯渇すると、肥料としての海鳥の糞(グアノ)
さらにリン鉱石を求めて南の島へ

しまいには、今の東沙諸島(プラタス島)まで日本の民間企業が進出し
西澤島と名づけ、島での流通紙幣まで発行していた。

中には、島の権益を急ぐあまり、
中ノ鳥島という架空の島までこしらえて政府に申請したりして、
当時の日本地図にも記載されるという傑作な話

さらに南沙諸島には、ラサ島リン鉱会社がリン鉱石を採掘したりして
新南諸島と命名し、その後台湾(日本)に編入されている。



西洋での、羽毛や服飾の飾りはねの需要が
結果的にもたらした領土拡大の歴史である。

人間の欲望の経済活動はすさまじいエネルギーを持っている。

まさしく現代の中国の尖閣諸島や南沙諸島進出や
サンゴ密漁と同じだと思ったのである。














アホウドリと「帝国」日本の拡大
明石書店
平岡 昭利

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アホウドリと「帝国」日本の拡大 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック