古代遺跡をめぐる18の旅(関裕二)

古代遺跡はいわゆる旅行書ガイドブックには載っていない。
筆者が言うように、近くに行きながら後で見逃していたことを知って
ほぞをかむこともなる。

見るべき遺跡を紹介してくれている。
すでに行った遺跡もあるが、行きたい遺跡もある。

纏向遺跡

さいたま風土記の丘 稲荷山古墳
雄略天皇 銘 鉄剣出土


池上曽根遺跡
弥生の都市遺跡 和泉大津市

遠所遺跡
日本最古の製鉄遺跡 6C後半
入佐山3号墳のことも取り上げている。おお、我が意を得たりという感じだ。


青谷上寺地遺跡
弥生人の脳みそが出土。 鳥取市青谷

高良山 久留米市
神籠石

対馬 金田城 かねたのき

小迫辻原遺跡 おざこつちばるいせき 日田市
土蜘蛛

上野原遺跡 国分市
喜界カルデラで滅んだ縄文文化






古代遺跡をめぐる18の旅 (講談社+α新書)
講談社
関 裕二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 古代遺跡をめぐる18の旅 (講談社+α新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック