コメをやめる勇気(吉田忠則)

日本の農政が転換期を迎えている。
そんなときに目にとまった本。

日経の連載記事をまとめたようだ。
そのせいか本として統一感がないのは否めないが、
日経の記者らしく、もっと市場経済の導入が
日本の農業を再生するポイントであると。

日本という南北に長い気候風土の国で、
コメのモノカルチャーの国は、ある意味で異常だ。
それは、農政がそうさせたのかもしれないが、
日本史におけるコメの位置づけを振り返る視点がほしかった。

確かに、経済、食への嗜好、人口構成が変わりつつある
この国で、コメをやめる時期が来ているのだ。

我々が慣れてしまった日本農業の姿を
新たに問いかける本として一気に読めた。


コメをやめる勇気
日本経済新聞出版社
吉田 忠則

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コメをやめる勇気 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック