ジム・ロジャーズのストリート・スマート

若き日のジムロジャーズから
彼がシンガポールに移り住むまでの人生の旅行記といっていい。
冒険旅行家らしく、英知に富み、読むものをわくわくさせる。

折りしもギリシャ危機
彼はそのことをすでに触れている。

ギリシャは破綻すべきだ。
ヨーロッパの債権者も損失をこうむればいい。
困難が訪れるだろうが、時間をかけて克服するだろう。


確かに旅をすると学ぶことは多い。



---------------

以下覚書



哲学はあらゆる「事実」を自力で調べろと教えてくれた。
従来の考え方に囚われて入る人は多い。
そのほうが簡単かつ安心だからだ。

人から聞いたことは蓋を開けてみると誤りだったということがほとんどで
言った側はよく知らなかったり、事実を曲解していたりする。


ただ、教わることだけを求めるならば、
良質の教育を与えてくれる場所は大学以外にたくさんある時代だ。
大学のブランド力だけですばらしい未来が約束されるなど、
到底無理な話なのだ。 p95-96

テクノロジーがもたらす「創造的破壊」と持続不可能なコスト構造によって
新たな学問の場、教育スタイルが生まれるだろう。
それは歴史が証明している。
かつて、モロッコ、ティンブクトゥ、ポルトガル、イタリア、アジアなどにあり
いまや忘れ去られた大学が多くある。 p101


「ブラジルは神様に選ばれた神様が一番好きな国だが
ブラジル人に治めさせていることが問題」とブラジル人が言う。
ロシア、ブラジルは商品の上げ相場で景気がいいだけ
インドは内部に多くの問題を抱える
BRICSのうち投資に値するのは中国

アメリカが歩んできたのと同じような失敗をしながら
中国は成功の道を歩むだろう。

世界最大の債務国アメリカと債権国中国
アメリカには輪転機というテクノロジーがある。(パーナンキ談)


中国の指導者は独裁的だろうか。
中国政府は5年ごとに変わる仕組みになっており、
1人の人間が2期以上トップに付くことはない。
最高指導者になるには、厳しい徹底的なプロセスを経なければならない。


中国はあちこちで買えるものはなんでも買っている。
困窮しているヨーロッパの国債を買っているのも返してもらうつもりはなく
政治的発言権を増すためのもの




ドイツはアメリカに優秀な製品を実際の価格より安く輸出した。
ドイツは資本を吸収し富んだ。
為替は固定されていたためアメリカの赤字が拡大した。
その後の日本しかり
しかし、やがてバランスを欠いて爆発した。



北朝鮮と韓国の統一を反対している国はアメリカと日本である。
統一すれば日本にとって手ごわい国になるからだ。
アメリカは惰性で反対しているように思える。





移民に関して
とかく不快なことがあるとスケープゴートにする。
じつはその祖父母が移民であることを忘れて。


ミャンマーは投資のチャンスにあふれている。


世界の石油の備蓄は年6%のペースで減っている。


日本の農地は干上がっている。
日本の農家は高齢で、インドはもっと深刻だ。
農産物の価格がもっと上がらないと、食品が手に入らない事態に陥るだろう。



社会は独裁制から寡頭制、民主制並行して混乱に至り
そのあとはまた独裁制に戻る。(プラトン「国家」)





冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解く
SBクリエイティブ
ジム・ロジャーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解く の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック