国宝 火焔型縄文土器(十日町市博物館) beret-exepedition 2015 §2

今回の旅行のお目当ての1つは「国宝 火焔型縄文土器」である。


画像


越後湯沢で、estと合流し、雨の中、十日町を目指す。
十日町はまったく始めての地だ。

国宝 火焔型縄文土器は、十日町市博物館に収蔵されている。
博物館は、道路からちょっと入った分かりにくいところにある。


画像



外観は、よくある地方都市の資料館といった感じ。
エントランスもひなびた感じで少しがっかりしかけたが、
それは、大きな間違いであった。
中に踏み込むと、一群の縄文土器の展示があった。

画像


よくよく見ると、笹山遺跡出土の中心的な縄文土器57点
およびその他800点あまりの出土物一群が国宝指定になっているのだ。

その中央にすえられているのが、国宝 火焔型土器である。
装飾のある土器はその形状により、火焔型と王冠型の2つに大別される。

さらにその他の出土品は、となりの部屋の引出し収納で自由にまじかに見ることができる。
画像


このような展示方法は、訪問者にとって非常にうれしい心配りである。
ベレー帽2人組は、歓喜の声を上げながら、展示物を堪能したのであった。


一口に縄文時代というけれど
紀元前1万3000年~紀元前2300年が縄文で
その時間的スパンは1万年ほどあり
日本列島に人間活動の痕跡が見られてから今までは3万年だというから
少なくとも日本の歴史の3分の1は縄文なのである。


縄文土器は、尖石遺跡に行ってから、その魅力に取り付かれてしまった。
縄文土器の円熟期は縄文中期だが、
今から5,000年以上前のものとは思えない芸術性の高さに驚いてしまう。

パネルに縄文土器の変遷をわかりやすく展示してあった。
画像



しかし、この異常と思えるくらいの装飾は何を意味しているのだろう。
火焔というからに、炎の燃えるさまに似てはいるが、
それは後世の人が名づけただけであって、
縄文人はほかのことをイメージしたかもしれない。

画像



個人的に思うには
下部の装飾模様を含めて
生命が沸き立つエネルギーを表現している気がする。

ちょうど、冬が去り、春の訪れとともに、草木が急に地中から沸き立ち
小動物が地中から出てくるのを見て、
生命の循環を縄文人は何か感じたのではないかと思うのだ。


2007年に諏訪市博物館で見た、蛇や蛙の装飾のある縄文土器を思い出させた。
これは諏訪市博物館所蔵の蛇か爬虫類の頭の装飾があるもの
画像








縄文土器ガイドブック—縄文土器の世界
新泉社
井口 直司

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 縄文土器ガイドブック—縄文土器の世界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック