國學院大學博物館に行く

國學院大學に結構な縄文土器のコレクションがあり、
それも無料で見れるという情報を仕入れていた。
ちょうど、新幹線の乗り換えまで時間の余裕があったので、立ち寄ることにした。

渋谷の氷川神社の向かい、閑静な一角。高層学舎の地階に博物館がある。

画像


まず、出迎えてくれたのが、みごとな火炎土器である。
十日市で見た国宝火炎土器と比べてもまったく見劣りしない。
新潟県岩野原遺跡 出土
画像



さらに奥に進むと、年代順に並べられた完成度の高い縄文土器コレクションの一群。
画像



縄文に続いて、弥生土器と古墳時代須恵器の展示
みごとである
画像


日本の旧石器~縄文~弥生~古墳時代と石器土器類が整然と展示されていて、
あたかも土器クロニクルを見るようである。



さらに、うれしいのは写真撮影が自由にできること

デザイン的に興味のあるものをアーカイブしておく。

埴輪の一種 「翳型埴輪」
翳はきぬがさ、君主の車の羽飾りの日よけ
画像

こんなのは、はじめて見る。
西洋の教会の尖塔についている飾りに似ている。
太陽や星を表しているのだろうか。



山梨県御坂町出土 彩色陶棺
画像


美しいモザイク模様
形と彩色がすばらしい
かなり手の込んだ製作品だ。
大きさからして、子供用の棺であったのだろうか。
トトロの猫バスのような形でもある。

鹿と猪
結構大きい
画像


武人埴輪
まさしく大魔神のモデルですな
画像



古墳時代 腕輪
なかなか美しい 腕にはめてみると服のフリルのような感じかな
画像



古墳時代 銅鏡
中国(前漢~後漢)からの輸入品だけあって完成度が高い
画像



縄文土器の模様は縄目をつけたものといわれているが、
その縄目のいろいろなパターン標本が展示してあるのが興味を引いた。
画像


縄文土器の模様の由来は、網籠のパターンを土器の表面に写したものと解説してあった。
なるほどと思う。とすれば、火炎土器の胴体部分はその系譜を引き継いではいるが、あの過剰装飾はまた別の発想である。



とにかくここの考古学関係の展示品は完成度の高い芸術性のあるものばかりである。
よくある公立の考古学博物館の割れた欠片ばかりの展示とは大いに違う。
それは、樋口博士の個人コレクションを母体としているからである。
個人コレクションだからいいものばかり集めたのだろう。


他にも、折口信夫の展示もあり興味を引いた。折口は國學院の出身なのだ。
「翁の発生」の原稿
画像



神道関係の展示も充実している。
すなわち、まつりごとの様式の展示が優れている。
日本古来からの精神世界をたどるのにいい展示である。
(このブースは写真撮影禁止なので注意)


この博物館は実に落ち着いた雰囲気で、それも無料で見学できるのは、ありがたいと思いつつ博物館を後にした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック