シチズンフォー スノーデンの暴露 を見に行く

シチズンフォーが封切されたのでさっそく見に行く。
香港のホテルにスノーデン本人が現れ、暴露を始めるドキュメンタリーなのだが、映画となって見ると、どこまでが本当でどこまでが演出なのかよくわからなくなる。

アメリカのCIAの情報監視は昔から行われていたことで、映画E.T.にも宇宙人をかくまっている家を探す盗聴車が登場していた。今回は、ドキュメントでありテロ対策のための情報監視システムが拡大的に、意図しない個人レベルまで広がっていることが何か不気味な気がする。


さっそく、「スノーデン」のタグがついたこのブログも監視対象になって、データ収集されそうだが、我々のレベルが監視されていたとしても、政治的思想も大してないのだし、監視されていてもどうぞど言ってやりたいが、まあいい気はしない。

まあ、今やインターネット上では、個人の行為はほとんど丸裸状態になっているわけで、かといってインターネットの利用なしには生活できないわけで、実社会と同じで上手に仮想社会も歩くことが必要なのだろう。


かつて、ジョージオーエルが描いた1984の世界を思い出す。



スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実
日経BP社
ルーク・ハーディング Luke Harding

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ノリック007
2016年06月29日 23:46
国家は、あなたを監視してる。

「ということは、逆もまた可能ではないのかな」と思いました。

あなたは、米国政府が直面している課題に対する唯一の解決策を
インターネットで公開できます。
米国政府は、あなたがインターネットに公開した唯一の解決策を
監視し、採用せざる得ないということです。
あなたは、国家を操り、支配することも可能です。

君は自分の手で歴史の歯車を回してみくないのか?
2016年07月04日 22:57
ノリック007さん
確かにおっしゃるとおり。インターネットは我々が手に入れた情報公開の素晴らしいツールだということを改めて思い出させてくれました。

この記事へのトラックバック