日本最北端の温泉に入る (礼文島紀行§2)

1日目の宿は稚内温泉。
向かいに利尻富士が見えるので、稚内富士見温泉とも呼ばれていて、
日本最北端の温泉というのが売りである。


民宿のすぐそばに稚内市営の日帰り入浴施設「童夢」というのがあり、入りに行く。

画像


とても立派な施設で、湯船が5つほどあり露天風呂もある。
露天風呂からは利尻富士が見えるらしい。

画像


夕日の利尻富士を見ながら露天風呂に入ってみたいものだ。
残念ながら、夜で小雨も降っている。しかし、夜風にあたりながら温泉はいいものだ。


この温泉は、石油採掘探査の時に湧き出したそうで、かなりナトリウム濃度が高い重曹含有温泉である。
そのままではかなり塩分が高いので薄めているようだ。
重曹のせいか、肌を擦るとつるつるする。

画像




翌朝、宿の窓から廃墟になった住宅が見えた。
画像



昭和の集合住宅らしく、そのまま放置されている。
植えられていたマーガレットが残されて寂寥感が漂う。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック