「この世界の片隅に」を見る 片渕須直・こうの史代

この世界の片隅にを見に行った。舞台は昭和19年の呉。戦時中の一般国民の生活が、主人公すずを通して語られる。ごく普通に日々の主婦としての仕事をし、困難に遭遇しても前向きに生きている、健気な「すず」の姿に思わず涙腺が緩んでしまうことがしばしば。

戦争という、非日常下にありながら、家族とか食事とか、ごく普通の日常を守りながら生きていく姿に感動するのかもしれない。

母親が、一時、福山に暮らしていたこともあり、戦前、戦後すぐの呉、広島あたりの話、空襲の悲惨な状況を聞かされていたこともあり、母親の話がラップして、思い出された。

最終テロップで、多くの人の名前が流れ、映画の資金をクラウドファウンデイングで集めたことがわかり、なおさらこの映画の素晴らしさが倍増した。

私にとって文句なく、人に勧めたいアニメ映画の一つとなった。


この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック
双葉社
『この世界の片隅に』製作委員会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








「この世界の片隅に」公式アートブック
宝島社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「この世界の片隅に」公式アートブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック