モロッコとイブン・バットゥータ

モロッコという国には一度行きたいと思っていた。
かなり前、迷宮都市として有名なマラケシュやフェズを知ってからのことだ。
今回、その国に行こうとしていて、いろいろ調べていると、イブン・バットゥータという名前が出てきた。
世界史の教科書に、「大旅行記」の著者(実際は口述)であると書いてあった記憶がよみがえる。

30年かけて、モロッコのタンジェからイスラム世界を東進し、インド、東南アジアへ至り、中国杭州に到着する。
帰国後、イベリア半島、サハラを横断しアフリカ内陸部マリまで至る。
1304~1369年

「大旅行記」は真偽性のほどはあるが、14世紀の世界を見る参考書となる。
巨鳥ルフというのが出てくるが、シンドバットの冒険の怪鳥ロックの関連を思い出す。
ルフ、あるいはロック鳥は中世イスラム世界において、インド湾岸に生息すると思われていた節がある。

いずれにせよ、大旅行家イブン・バットゥータの国へ行けると思うと心が弾む。


大旅行記〈1〉 (東洋文庫)
平凡社
イブン バットゥータ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック