迷宮都市の内部へ フェズ・エル・バリ さまざまな食材を売る店 (2019モロッコ紀行§8)

いよいよフェズのメディナ(旧市街)に足を踏み入れる。

メディナの入れ口は、ブ・ジュルード門。タイルの装飾が美しい。
DSC_0328.jpg

門の向こうには教会の尖塔(ミナレット)が見える。
DSC_0329.jpg

まず、現れるのがさまざまな食材を売る店。

ミントティーに欠かせないミントの葉を荷車で売りに来ている。
DSC_0214.jpg

ズッキーニや瓜類を売る店
DSC_0215.jpg

これはどのように料理するのだろうか。
DSC_0217.jpg

なにかよくわからないけど、香辛料なのか
DSC_0218.jpg

香辛料や干した果実のようなもの
DSC_0219.jpg

ピクルスのようなもの
DSC_0220.jpg

今の季節らしく無花果がおいしそう。
DSC_0221.jpg


DSC_0222.jpg

中に何か入っているようだが、売り物のようだ。
DSC_0251.jpg

ニワトリは生きたまま売っている。これは肉の鮮度を保つためで、ひじょうに合理的。
DSC_0320.jpg


旅をすると、たいていその町の市場を覗いてみるが、ここフェズほど高密度で商品の数が多いところはないだろう。
これほどの物量の商品がありながら、中世そのままの都市構造を保ち、運搬手段も人肩かロバぐらいで市場が運営されているということに驚きを隠せない。
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント