迷宮都市フェズの魅力 どこまでも続く迷路 (2019モロッコ紀行§10)

この街の魅力はなんといっても、どこまでも続く迷路だろう。

フェズ


それも同じものがひとつとない個性ある迷路が続く。

DSC_0245.jpg



通路の両側は家屋の壁が迫り、壁が傾くのをつっかいをして支えているところもある。

DSC_0246.jpg



通りから分岐する一人だけやっと通れる道はたぶん奥にある居住区への道だ。

DSC_0275.jpg



これは、市場の通りなのだが、強い日差しが差し込んでいる。
よく観察すると、ひさしが両側から張り出しているが、いかにもアラビア風の装飾があり、まるでハリーポッターが魔法の道具をそろえるために出かけた市場の風景のようである。

DSC_0283.jpg




トンネル状になった通路の上は、居住区なのだろう。これは強い日差しを遮ることにもなり、通行者にとってもありがたい。

DSC_0277.jpg



なにか奥のほうに明かりが見えるが、こんなところへは部外者はちょっと怖くて入れない。

DSC_0265.jpg



迷宮都市の迷路を巡りながら思ったのは、「アリババと40人の盗賊」というイスラムのお伽噺。盗賊がアリババの家に目印をつけるが、賢い侍女があちこちの家に同じ目印を付けたものだから、わからなくなってしまうというものだ。
迷宮都市の路地は、1つとして同じものはないのだが、よそ者にとって、同じように見えて迷ってしまう。そうだ、あまりにも風景の情報量が多すぎると、人は混乱して迷ってしまうのだ。








アリババと40人の盗賊 (馬場のぼるの絵本)
アリババと40人の盗賊 (馬場のぼるの絵本)









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント