珈琲の表現 (蕪木祐介)

街の珈琲屋さんの書いた本。コーヒーの入れ方からエッセイまで、珈琲のことがよくわかる。

神戸には個人の珈琲屋さんがあちこちあって、学生時代は目的もなしに入って時間をつぶしたり、
彼女との待ち合わせ場所にして長い時間おしゃべりしたものだ。
そんな珈琲屋さんがどんどんなくなっていくのはさみしい。

筆者が珈琲屋を始めたいきさつや、日常生活における珈琲屋の空間の意味合いみたいなことをエッセイにしたためている。
確かに、珈琲屋は珈琲を飲むだけの場所でなく、もっと別の意味合いで存在する空間なのだろう。
「珈琲と喫茶店の時間に自分が助けられていたように、自分もこのように誰かの役に立ちたいと思い、珈琲の道に入って行ったのは自然なことだった。」

本の装丁も、珈琲の木豆や珈琲の入ったジュートと同じ色合いの表紙に、
小さく本の題名が表示され、さらに小さく筆者の名前が表示されているのも、筆者の人柄がしのばれる。



珈琲の表現
珈琲の表現

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント