生きづらさについて考える(内田樹)

日本社会の合理的な意思決定プロセス その1 だらだらしているうちに落ち着くところに落ち着く その2 合意形成を待たず、誰かに全権を一任して、失敗した場合は責任を取らせる 人口減少社会 この場でまだ経済成長や選択と集中とか言っている 明治時代のように5000万人ほどが列島各地に分布し穏やかな風景を取り戻すのか、都市圏に集中し…
コメント:0

続きを読むread more

影の日本史にせまる(嵐山光三郎・磯田通史)

和歌~連歌~俳諧という歴史の中で、その時々に活躍した西行~宗祇~芭蕉は何者であったか。 彼らは、全国を遊行し、各地で歌の会を開きながら実は各地の情報を時の権力者に伝えるという役目をしていたという。 歌の会には、地方の権力者、財界人が当然集まるし、その席では雑談の中でいろいろな情報が得られたのだろう。 今でいう、接待ゴルフで情報を得…
コメント:0

続きを読むread more