仁徳天皇の土木事業


土木事業
上町台地を掘削(堀江)し草香江(河内湖)の排水を行い「茨田(まむた)の堤」を築造し、淀川の氾濫を防ぐ。
堀江は現在の大川ではないか。
茨田の堤は大阪門真市にわずか残存、草香江は大阪門真市の弁天池が名残ではないかと言われる。

仁徳天皇
在位 313~399
皇居 難波高津宮

先代は応神天皇で3人の子がいた。(大山守皇子、おおさざきの尊、うじのわきいらつこ皇子)
応神天皇は、うじのわきいらつこ皇子を任命
応神天皇の死後、大山守皇子が反乱、おおさざきの尊が制圧
うじのわきいらつこ皇子は自死
おおさざきの尊は、うじのわきいらつこ皇子の母妹の矢田皇女(やたのひめひこ)を后とし仁徳天皇に即位。

仁徳天皇陵
5世紀中ごろ 長さ486m 高さ35.8m
日本書紀に、仁徳天皇は百舌鳥野の陵に葬った」とあり、延喜式に「仁徳陵は百舌鳥耳原中陵」とあるから、業績からして仁徳天皇陵であると推定している。
日本書紀によると、仁徳天皇が陵を作る場所を探していると、鹿が現れ倒れてしまい、調べると耳から百舌鳥が飛び出したので「百舌鳥耳原」という。(陵の築造に関連して何か争いがあったことを暗示しているようだ。)


百舌鳥・古市古墳群
ヤマトタケル~14仲哀天皇~27安閑天皇が中心
百舌鳥は16仁徳天皇~18反正天皇
535 安閑天皇没
180年の空白
712 古事記完成
720 日本書紀完成



世界遺産:百舌鳥・古市古墳群ガイド (小学館クリエイティブ単行本) - 小学館クリエイティブ編集部
世界遺産:百舌鳥・古市古墳群ガイド (小学館クリエイティブ単行本) - 小学館クリエイティブ編集部


ザ・古墳群~百舌鳥と古市 全89基 - 「ザ・古墳群」制作委員会
ザ・古墳群~百舌鳥と古市 全89基 - 「ザ・古墳群」制作委員会

百舌鳥古墳群をあるく:巨大古墳・全案内 - 久世 仁士
百舌鳥古墳群をあるく:巨大古墳・全案内 - 久世 仁士

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック