神戸・阪神間の古代史 坂江渉ほか

市街化によって埋もれてしまった、神戸、阪神間の古代史の記憶。特に古代の港の所在地が興味深い。
瀬戸内海を航行する船がヤマトへの上陸地点である、難波 住吉神社に至るまでに経由した港が、阪神間にはあった。
大阪湾は右回りの海流により、阪神間の海岸線には砂州(ラグーン)が発達し、古代の港には最適な土地であった。

阪神間古代湊.jpg



播磨風土記 藤江浦の逸文 釈日本紀 ノホツヒメの霊験譚
神功皇后の朝鮮出兵に際し、赤土を鞆舳や天の逆鉾に塗ると丹浪(になみ)に乗って障害なく海を渡り勝利した。


敏売崎(みぬめざき) 現 灘区敏馬(みぬめ)神社あたり
大陸からの施設が太宰府経由で入京する際に、ここで「神酒」と「肴」を伴う特殊儀礼が行われていた。「延喜式」に記載されている。

神功皇后と住吉社
神功皇后は実在の人物と言うより住吉大神信仰と密接な関係がある。ヤマトが難波~瀬戸内海~玄界灘~対馬~朝鮮と海上航路を把握していく中で、そのルート上に住吉社を祀った。神功皇后についても、推古、斉明、持統の三女帝を形象化したものと考える。

住吉社一覧.jpg


東灘の本住吉神社は、本来、菟原住吉と呼ばれて難波住吉社が分祀された可能性が高い。

生田神社と長田神社
ともに「日本書紀」にその鎮座伝承が記されている。
住吉三神(表筒男、中筒男、底筒男)の神託による鎮座。

摂津名所図絵には生田神社の一の鳥居から浜まで参道が続いていた景観が描かれている。
長田神社は、のちの兵庫の津となる湊川三角州地帯ラグーンを海洋祭祀の場としていた。

行基と昆陽池
為奈は猪名であり、伊丹台地の呼称である。
昆陽池は、上池と下池があったといわれ、下池は17世紀に埋め立てられた。
天神川と天王寺川は河道が直線的で条里地割に一致することから、人工河川である可能性。
昆陽池が行基が作ったという明確な文献はないが、行基が作った狭山池が上池、下池からなり、行基の出身地の久米田池も久米田池と物部田池の2つからなることから、同じような2つ池の技術で昆陽池を作ったことが考えられる。


武庫の語源
河内から見て向こうの国。川(武庫川)の向こう。 六甲についても「ムコ」の転である可能性。
古代摂津国.jpg


阪神間古墳年代.jpg





神戸・阪神間の古代史 (のじぎく文庫) - 坂江 渉
神戸・阪神間の古代史 (のじぎく文庫) - 坂江 渉













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント